ファイナンシャルプランナーって何?|インターネットで海外旅行保険に加入して快適な旅を送ろう

ファイナンシャルプランナーへの相談で家計の悩みを解決

ファイナンシャルプランナーって何?

貯金箱

お金の専門家

ファイナンシャルプランナーという名前は聞いたことがあっても、実際に何をやっている職業なのか分からない方は多いでしょう。ファイナンシャルとは、日本語で財政上の、会計上の、という風に訳すことができます。プランナーは日本語では計画者と訳せます。つまりファイナンシャルプランナーは名前の通り、お金に関する専門家という意味を持ちます。ファイナンシャルプランナーは、お金に関する問題の中でも、特に家庭のお金の問題に対して強い専門性を持ちます。生きていく上で避けることのできない教育やローン、老後資金などの問題をファイナンシャルプランナーには相談することができます。ファイナンシャルプランナーに相談することでこれからの資金計画や貯金方法を学ぶことができるのです。少しも無駄にすることのできないお金だからこそファイナンシャルプランナーへ相談して、上手なお金の使い方を勉強している人は多くいます。今までもこれからも、家庭をサポートしてくれる重要なアドバイザーとして多くの需要がある職業です。

なにを相談できる?

ファイナンシャルプランナーは、家庭のお金に関する問題ならほとんどのことを相談することが可能です。代表的な相談内容としては、保険・教育費・生活費・資産運用・老後資金・家のローンなどが挙げられます。例えば、「30年の住宅ローンを組みたいけど、組んだ場合に返済完了する歳が60歳を過ぎてしまう。買うべきか買わないべきか。」といった悩みなどを相談することができます。他にも「子どもが生まれたので、保険に入りたいけどどの保険に入ればいいのか分からない。」といった相談もよくあるようです。これらの相談に対してファイナンシャルプランナーは、どうやって貯金するか、節約するか、どれほどの予算が必要か、といったことを具体的に明確に教えてくれます。一緒に相談することで、モヤモヤしていた疑問が晴れ、将来の目標に向けて具体的なアクションを起こすことができます。

ファイナンシャルプランナーの選び方

ファイナンシャルプランナーは、信頼・安心できる人を選ぶべきです。ファイナンシャルプランナーになるには特別な資格が必要ないため誰でもファイナンシャルプランナーを名乗ることができます。そのため、適当にアドバイザーを選んでしまうと後悔する恐れがあります。信頼できるファイナンシャルプランナーの選び方のコツは大きく3つがあります。それが資格・実績・専門分野です。始めに資格についてですが、特別な資格がなくとも名乗れるとはいってもファイナンシャルプランナーには専用の資格もあります。それが、CFPやAFPといった資格です。これらの資格はファイナンシャルプランナーとして持っておきたい資格で、高い知識と実力を証明する手段になります。これらの資格を持っているかどうかは重要なチェックポイントです。次に実績ですが、ファイナンシャルプランナーを選ぶ時は相談件数が多い人を選ぶようにしましょう。相談件数が多いと、その経験から適切なアドバイスをしてくれる確率が高くなります。最後に専門分野についてです。ファイナンシャルプランナーは、人によって強みとしている分野が違います。保険関係に強い人もいれば、節税関係について強い人もいます。自分の相談内容を得意とするファイナンシャルプランナーを選びましょう。これら3つの点を意識するだけでも、最適なファイナンシャルプランナーを見つけられる可能性はグッと高くなります。

まずは遠慮なく問い合わせを

ファイナンシャルプランナーは、あなたの家計の悩みを解決してくれる最適なアドバイザーになってくれます。少しでも気になったら、遠慮なく問い合わせしてみましょう。きっとあなたのこれからの人生のサポートをしてくれるはずです。

広告募集中